雑記

宇宙人好きな自分は知らぬ間にマインドコントロールに掛かってるのか?と悩んだ話

私は子どもの頃から宇宙人が大好きな変わった子でした。

自分でも変だと分かってました。

そして一時期「統一教会」や「オウム真理教」

などのカルト宗教が世間を騒がせていました。

「自分はカルト宗教にはまった人たちと何が違うのか?」

「どうやってその違いを確認すれば良いのか?」

「私も宇宙人に騙されているのか?」

と若い自分は悩みまくりでした。

でも解決出来たのでそれを記事にて共有します。

この記事で分かること
  • マインドコントロールは誰でも掛かる可能性がある
  • マインドコントロールは至るところで使われている
  • 破壊的カルト宗教の特徴10つ
  • 破壊的カルト宗教でなければ何を信じるかは自由

このブログでは宇宙人から教えてもらった「闇メントレ」でメンタルをきたえ、幸せになるメソッドを紹介しています。

詳しいやり方については下記の記事をどうぞ。

>>メンタルを直接きたえられる「闇メントレ」の具体的な方法・やり方

宇宙人好きな自分はマインドコントロールに掛かってるのか?

本の上に手を置いて祈る人

「宇宙人なんていないかもしれないのに、自分頭おかしいんじゃないの?」

「カルト宗教にハマってる人と何が違うの?それどうやってチェックするの?」

が長年の疑問でした。

出来ればこんな悩みは持たずに

フツーに生きたいと思ってました。

偶然マインドコントロールについて講義を受けることに

そんな悩みを解決する出来事が。

詳しくは書けないのですが

「カルト宗教とマインドコントロール」についての講義を受ける事になりました。

いろいろ偶然過ぎてびっくりしました。

その講義は大変素晴らしくとても有益でした。

私にとって「必要不可欠」な経験でした。

マインドコントロールは誰でもかかる

講師は「マインドコントロール」に詳しい先生です。

その先生がくり返し言っていたのは

「マインドコントロールは誰でも掛かる可能性がある」とのこと。

マインドコントロールの掛かりやすさは

もちろん人により変わります。

「絶対自分は引っかからない」

と思うのはある意味危険。

人間は社会的な動物なので

人に親切にされたり、ほめられたら

うれしいですよね?

そういう当たり前に起きる「人間の心の動き」を利用するので

「人の気持ち」を持っている以上は誰でも掛かる可能性があります。

詳しくは次の記事で説明していきます。

マインドコントロールはいろんなところで使われている

具体的な手法については後ほど詳しく別記事で書きますが

マインドコントロールはあらゆるところで使われています。

恋愛や営業・人間関係にも使えます。

結婚詐欺でももちろん使ってます。

先生は「結婚詐欺」「恋愛」などの話も例に挙げてました。

講義を受けてみて

「どこでも使われてる身近なものなんだ」と驚きました。

テレビコマーシャルやセールストークなどいろいろ。

ヤバい破壊的カルト宗教の特徴

講義の中で社会問題になっている

破壊的カルトの特徴についての説明もありました。

以下が主な破壊的カルトの特徴です。

破壊的カルト宗教の特徴
  • 家族・知人からの切り離し・閉じられたコミュニティでの生活(他の意見が入らなくなり、再教育し続けることが容易になる・社会復帰が難しくなる)
  • 児童の狩り集め(信者の親からも離れて暮らす、祖父母と会えないなど)
  • 過度のお布施要求(全財産を没収→社会復帰が難しくなる)
  • 信者獲得のための活動を強要される(団体名を伏せての勧誘活動)
  • 資金集めのための労働搾取(全額寄付を強要される)
  • 健康が損なわれる生活(短い睡眠時間・不十分な栄養・適切な医療が受けられない)
  • 信者に対しての暴力・性的虐待
  • 社会に対する破壊的な活動・犯罪行為
  • 自由に脱退出来ない(脅し・暴力など)
  • 組織・リーダーに対しての絶対服従を要求

注)講義のノートやプリントは断捨離してしまったので覚えている範囲。

カンタンに言うと

自分の活動を制限され基本的人権を奪われる感じですね。

「自分」を損ない「社会」「家族」に迷惑をかけ

いろんな意味で不幸にしてしまうのが破壊的カルト。

先生はそれ以外の宗教は「信教の自由があるのでOK」とのことでした。

例えばいわゆる一般的な「カトリック」や「プロテスタント」の信者になり

信者をやめたところで

しつこく追ってきて監禁されたり

「地獄に落ちる」などと脅されないですよね?

生活が立ち行かなくなるほどのお布施を要求されるとかもないですよね?

なのでまともなところは基本「出入り自由」

かつ「新規メンバー獲得のための活動」を強要されることもありません。

「良い宗教」であれば

脱退する場合でも

快くあなたを送り出してくれます。

グループを判断する最後の基準は、メンバーのやめる自由である。簡単に言うと、破壊的カルトのメンバーは心理的囚人だということである。すでに説明したとおり、破壊的カルトは、メンバーがそもそもグループをやめること自体を怖がるように、恐怖症を心に植えつける。こうすることで彼らは、自由な選択の扉を閉ざしてしまう。

マインド・コントロールの恐怖からの引用

宇宙人の教えは宗教ではありませんし

宇宙人は自由にさせてくれてるし

お金も要求されないし

信者の獲得も要求されたこともないわと目からウロコでした。

宇宙人の教えは色を抜く感じ

宇宙人が教えている事は

世の中のマインドコントロール・思い込みを抜いていくものなんだと

改めて実感しました。

宇宙人も

「宗教は色をつけていく感じで

宇宙人が教えている事は色を抜いていく感じ」

と言っていたのが納得。

また宇宙人は

  • 信じる必要はありません
  • ウソか本当か自分で検証してみて下さい
  • 全部ウソかもよ w

と言ってました。

誰かをあがめる必要もなく

実際に役に立つかどうか?をチェックしてねと。

で、私が検証した結果本当でした。

気がつくのに本当に何年も掛かりましたが。

あなたも自分で検証してみて下さいね。

まとめ:何を信じるかは自由であなた次第

日の光を気持ちよさそうに浴びる女性

何を信じるかはあなたの自由。

あなたが幸せで役に立つと感じるならなんでもOK。

自分の好きなものを自ら選んで下さい。

そして「違ったかも」と思ったら

それを捨て去るのも自由。

あなたが決めてOKなのです。

記事まとめ
  • マインドコントロールは誰でも掛かる可能性がある
  • マインドコントロールは至るところで使われている
  • 破壊的カルト宗教の特徴10つ
  • 破壊的カルト宗教でなければ何を信じるかは自由

おしまい。

にほんブログ村に参加しています。

ぽちっと応援してくれると嬉しいです😊

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村